GRIND

MONTHLY / CRACKS MONTHLY / CRACKS

FASHION, ITEM, MONTHLY 2021.5.25

MONTHLY / CRACKS

GRIND topics of the latest style

Photo_Ryo Sato

No.1:GUCCI

歴史と今を結ぶ
アイデンティティ

“GGスプリーム キャンバス”にあしらわれた、フロントのインターロッキングG ディテールが目を引く本アイテム。〈グッチ〉のアイコンとして長い歴史を感じさせるレトロな空気をそのままに、ブラウンのレザートリムとトップハンドルがエレガンスを添える。ショルダーストラップが付属しており機能性も完備した。

¥176000
㉄グッチ ジャパン クライアントサービス
TEL_0120-99-2177
www.gucci.com

No.2:MARNI

個性へと転換する
普遍性への視点

今シーズン〈マルニ〉は自己表現の重要性を表現したコレクションを発表。そんな個性を讃えるブランドのアティチュードを反映したのが、これからの季節にマッチするパックTだ。異なるデザインとカラーリングで表現されたボーダーが1枚1枚の違った表情を演出。ベーシックなTシャツも同ブランドによって、着る人のオリジナリティを尊重するアイテムへと変容する。

¥55000
㉄マルニ ジャパン クライアントサービス
TEL_0120-420-502
https://www.marni.com/jp

No.3:GIVENCHY

新たな時代を切り拓く
メゾンの美学

ラグジュアリーと機能性を抜群のバランス感でデザインに落とし込むマシュー・M・ウィリアムズが新作スニーカー“GIV 1”を発表した。洗練された流線形が美しいシューズは、テクニカルファブリックやカーフレザーなど異素材を組み合わせたアッパーが特徴となる。まさにマシューによるクリエイションの手腕が発揮されて仕上がったスニーカーのコレクション。

¥132000
㉄ジバンシィ表参道店
TEL_03-3404-0360
www.givenchy.com

No.4:BURBERRY

クラフツマンシップに
裏打ちされた創造性

〈バーバリー〉は今年の1月に発表されたプレフォールコレクションで伝統的なベージュ、鮮やかなカラーリングやグラフィカルなプリントなど、リカルド・ティッシの采配で切り取られたさまざまな要素の混ざり合いが多彩なウエアをラインナップした。その中でも、ストイックなテーラリング技術が生きる本ジャケットは張りが美しい1着。織りによって生地の様相を変化させ、袖にインパクトを与える。

¥269500(予定価格)
㉄バーバリー・ジャパン
TEL_ 0066-33-812819
https://jp.burberry.com

No.5:SAINT LAURENT

素材の融合が
もたらす奥行き

ナイロンとラムスキンが組み合わさったスモールカメラバッグは、“NYLON SAINT LAURENT”と名付けられた光沢のあるオリジナルの新素材を採用。素材のコンビネーションがアイテムのカジュアルな印象と上質さを融合させた。さらに、削ぎ落とされた端正なデザインとフロントのレザーにエンボスされたゴールドのシグネチャーが互いを引き立て合う。

¥104500
㉄サンローラン クライアントサービス
TEL_0120-95-2746
https://www.ysl.com

No.6:FENDI

気分を高める
鮮やかなグラフィック

イエローとライトブルーをメインに、ポジティブなマインドを引き出すカラーリングで構成されたコレクションがローンチ。昨年に続く〈フェンディ〉とサラ・コールマンとの協業で生まれたのは、まるで魚眼レンズを通したように歪んだグラフィックプリント。コレクションを象徴する2つの要素を落とし込んだシャツは、これからの曇天の季節を前向きに乗り切らせてくれるはずだ。

¥148500
㉄フェンディ ジャパン
TEL_03-3514-6187
https://www.fendi.com/jp

No.7:BALENCIAGA

ライフスタイルに
寄り添う上質

〈バレンシアガ〉から新たに“Essential”と題されたスモールレザーグッズのラインが誕生。コンテンポラリーな日常に向けてデザインされたスムースカーフとグレインドカーフで展開されるアイテムは特殊なフィルムでコーティングされ、独特な光沢と耐久性を備えた。機能性にウエイトを置きながらも品を失わないブランドの妙を感じさせる。本アイテムは青山店限定での取り扱い。

¥56100
㉄バレンシアガ クライアントサービス
TEL_0120-992-136
https://www.balenciaga.com

No.8:JIL SANDER

洗練された哲学と
柔軟な感性

バルカナイズ製法で仕上げられた本シューズは、キャンバス素材のアッパーとソールのコントラストが重厚感と無骨なシルエットを印象づける。論理と感性、構築的な造形と軽やかさなど相反するもののバランス。こうした異なる側面を認め、共存させることでルーシー&ルーク・メイヤーは〈ジル サンダー〉でのクリエイションを常に押し上げてきた。この1足はそんな彼らのさらなる躍進を示唆するアイテム。

¥90200
㉄ジルサンダー ジャパン
TEL_0120-919-256
https://www.jilsander.com

RECOMMEND