GRIND

MONTHLY / CRACKS MONTHLY / CRACKS

FASHION, ITEM, MONTHLY 2021.7.21

MONTHLY / CRACKS

GRIND topics of the latest style

Photo Yoko Tagawa

No.1:GIVENCHY

道具に注ぐ
逆説的なユーモア

2021AWコレクションのランウェイに登場し〈ジバンシィ〉からはじめて発売する水筒はブリリアントシルバー仕上げのステンレス製でレザーのストラップが付属。キャップ部分とボディの底にシグネチャーである4Gエンブレムを施した。マシュー・M・ウィリアムズの手腕によって、日用品がシルバーアクセサリーさながらの端正なファッションアイテムに再解釈されている。

¥44000
㉄ジバンシィ表参道店
TEL_03-3404-0360
https://www.givenchy.com/

No.2:DUNHILL

抽象性が引き出す
モダンな美

〈ダンヒル〉が発表した、伝統に敬意を払いながら挑戦的なアプローチによって生まれたアブストラクト フローラル・カプセルコレクション。本コレクションを象徴するのが20世紀のクチュールデザインであった豪奢なダマスク織をジャガードによって描き、裏返した歪みを活かすフラワーデザインだ。現代的な視点とラグジュアリーが織りなす独自の世界観、古典的な美しさを余すことなく落とし込んでいる。


¥132000
㉄ダンヒル
TEL_0800-000-0835
https://www.dunhill.com

No.3:GUCCI

テクノロジーにのせる
環境問題へのアイデア

2020年にローンチした「Gucci Off The Grid」コレクションにアッシュグレーが新色として加わった。サスティナブル素材の再生ナイロンECONYL®に〈グッチ〉を象徴するGGパターンを織り込み、フロントにスラント ポケット、バックにパッチ ポケットが配されたことで機能性への配慮も抜かりない。持続可能な環境を目指す継続的な姿勢と、クラフツマンシップを表現したショートパンツ。

¥93500
㉄グッチ ジャパン クライアントサービス
TEL_0120-99-2177

No.4:DIOR

芸術を起点に広がる
伝統とカルチャーの対話

No.5:MAISON MARGIELA

既成概念を超えた
ジェンダーの在り方

No.6:BOTTEGA VENETA

機能性を付加し
更新されるアイコン

Wardrobe 02コレクションの新作としてローンチされたのは、ナイロンテキスタイルのトートバッグ。〈ボッテガ・ヴェネタ〉のアイコニックなイントレチャートを表現し、ナイロンを採用したことでレザーよりも軽く、傷などにも強いアウトドアの機能性が特徴だ。さらに、取り外し可能なインサイドポケットを完備。品の良さを残しながらも使いやすさに重きを置いたことで、シーンや用途に柔軟な仕上がりとなっている。

¥262900
㉄ボッテガ・ヴェネタ ジャパン
TEL_0120-60-1966
https://www.bottegaveneta.com/

No.7:VALENTINO

時代を映した
ニューフォーマル

フォーマルウエアの基本要素であるホワイトシャツとブラックタイの価値を〈ヴァレンティノ〉が再定義。マスキュリンなテーラードに始まり、ラフなフーディがラインナップした。ここでピックアップするのはフード内にドローコードを内蔵し、スポーツの要素を落とし込んだフードジャケット。背広を着るというこれまでの限定的な“フォーマル”そのものを、時代に即した新たなスタイルとして提示する。

¥286000
㉄ヴァレンティノ インフォメーションデスク
TEL_03-6384-3512
https://www.valentino.com

No.8:BALENCIAGA

足元に印象を与える
構築的なシルエット

ファッションシーンでビッグシルエットのスニーカーブームを巻き起こした火付け役ともいえる〈バレンシアガ〉。同ブランドのスニーカーコレクションに弾力性のあるランニングシューズのシェイプとDIYの手法やカットアップされた美学、入り組んだアスレチックなデザインが際立つRUNNERが新ラインとして加わる。すでに限定店舗にて販売されている1部のカラーを皮切りに、9月頃にかけてその他カラーが順次全国発売されるとのこと。

¥128700
㉄バレンシアガ クライアントサービス
TEL_0120-992-136
https://www.balenciaga.com

RECOMMEND