GRIND

GRIND FEATURE TOPIC『CHANGE』 GRIND FEATURE TOPIC『CHANGE』

FASHION, MONTHLY 2020.11.30

GRIND FEATURE TOPIC『CHANGE』

ArkAir

カモ柄に映す
時代背景と危機感

“Quality of endurance(耐久性という品質)”の哲学のもと、実際の軍用と同じ製品規格の素材にファッション性を加え、デイリーユースプロダクトとして提案する〈アークエアー〉。世界中の部隊へ製品を供給してきたArktis社から派生したミリタリーブランドとしての経験とプライドが宿る〈アークエアー〉の20AWコレクションには、目まぐるしく変化を遂げるこの状況をサバイブするためのヒントが隠されていた。

Photo_ Ryo Sato

2つの要素を
つなぐ鍵

1985年から現在に至るまで、英国から世界中の軍隊や特殊部隊へ製品を提供してきたArktis社。そのノウハウをもとにタウンユースへとアレンジを加え、ファッションブランドとして2015年に設立されたのが〈アークエアー〉である。軍の基準をクリアした耐久性などのスペックと、ディテールを活かしたファッション性の両立により、多くのミリタリーブランドとは一線を画す存在といえる。創業以来、すべての製品を英国の自社工場で手がける〈アークエアー〉は、その生産背景を活用し、作戦に合わせた柄や、部隊仕様以外にも“Fashionflag”と呼ばれるファッションの視点が加わったカモフラージュ柄をオリジナルで開発する。ミリタリーを語る上で重要な要素であるカモフラージュ柄は、もともと戦闘の際、周囲の風景に溶け込み敵の目を欺く目的で生まれたもの。実戦で用いるためのリアルなプロダクトに注がれている技術を、〈アークエアー〉はファッションに溶け込むカモ柄へと落とし込んでいるのだ。シルエットや機能性、柄などミリタリーアイテムから着想を得たクリエイションは数多くあれど、実際に戦場で使用される製品を提供してきた会社が手がけているという事実を有するのはこの〈アークエアー〉くらいであると言っても過言ではないだろう。そしてその唯一無二のアプローチに賛同した〈パレススケートボード〉や〈N.ハリウッド〉、〈アイ コムデギャルソン ジュンヤワタナベ マン〉など、さまざまなジャンルのブランドとコラボが実現している。戦場ではなくファッションの中でどう輝くかというミッションを背負い、着実にその認知を広めている。

-創業以来、英国生産を貫く〈アークエアー〉の自社工場。テーラード文化が根付く英国をはじめとするヨーロッパミリタリーは、アメリカンミリタリーに比べすっきりとしたデザインが多く、ダッフルコートやトレンチコートのように日常着として定着しているアイテムも多い。
-自社工場で製作するオリジナルのカモフラージュ柄。20AWシーズンは、ブランド発足5周年を記念し、“Japan Forest Camo”をリリース。

俯瞰で捉えた“今”に
何を思う

“都市荒廃”をテーマとして掲げた20AWコレクションでは、手つかずの自然や都市環境の崩壊、物質の腐敗による錆や緑青など、これまで人々の手によりつくり上げられ発展してきたものが、時間と共に荒廃していく過程で生み出された要素をカモフラージュ柄で表現。ブランドのアイデンティティともいえる柄については先に述べた通りだが、本来実戦で用いられるカモ柄をファッションにおけるアプローチで今を映す手段へと置き換えた。プロダクトに落とし込まれた柄は、低いトーンの色味がランダムに溶け合いながら全体を覆い、ファッションとしての魅力やその技術の高さを存分に感じさせる。そして何よりテーマである“都市荒廃”を抽象的に表現することで、身につける人が個々にそのイメージを想像することが可能になり、そのメッセージが具体性を帯びていく。ミリタリーアイテムを愛する多くの人々が、そのディテールや柄の背景におけるまで深掘りしていくような楽しみを、テーマの裏側から探ることができるのも、〈アークエアー〉の存在感を際立たせるひとつの要因なのかもしれない。ブランドの根底にある技術や経験。そしてそこから派生したファッションへのアプローチ。ミリタリーの要素をなぞるだけではない奥深さから、ファッションについて、そして今の時代について考えるきっかけを〈アークエアー〉が与えてくれている。

手付かずの自然や緑青などをモチーフにした、軽量アウター。撥水加工が施されたナイロンを使用しているため、軽い雨にも対応可能。ポケットブルにもなるため、アウトドアや旅行の際にも頼れる存在となってくれる。¥35200

イギリス・ウェールズの農作業服をルーツにもつスモック。ミリタリーアイテムとして使用されるにあたりフードがあしらわれたスモックパーカーは、SAS(特殊空挺部隊)に提供されており、〈アークエアー〉が誇るバリエーション豊富なカモフラージュ柄の組み合わせによりファッション性を融合。¥79200

  • スライド

    軽量で丈夫なリップストップ生地を採用した〈アークエアー〉定番のカーゴパンツ。60年代のフランス陸軍で使用されていたM47の機能性はそのままに、ヨロッパミリタリーならではの細身のシルエットが、コーディネートに馴染みやすい。¥31900

  • スライド

    英国の交通警察のユニフォームに着想を得たジャケット。大小さまざまなポケットは、用途により使い分けることができる。メッシュライナーが付いたコットンキャンバス製で軽量なため、ジャケットなどと重ねて着用することもできる。¥39300

Information

ArkAir

【問い合わせ先】
GREENWICH SHOWROOM

TEL_03-5774-1662
greenwich-showroom.com
Instagram:@greenwich.showroom

RECOMMEND