GRIND

CULTURE, NEWS 2020.9.18

SALT AND PEPPER

新鋭写真家・HALによる写真展『ロマンチックジャーニー』がソルトアンドペッパーにて開催

2016年からサンフランシスコへ渡り、2年半の制作活動、2度の個展を経て、昨年には渋谷PARCOにおいて行われたカルチャーイベント、シブカル祭へ仲間たちとZINEを出展するなど、パノラマコラージュを基にした独自のスタイルをもつ写真家、HALによる写真展『ロマンチックジャーニー』が、幅広い審美眼においてのセレクト、出版、マーチャンダイズを繰り広げるギャラリー兼ショップ〈ソルト アンド ペッパー〉にて開催される。

アートから得られる
無限大の気づき

世界的な新型ウイルスの流行によるダメージは、アート業界においてクリエイター等が”アウトプットする場”、我々が”インプットする場”として重要な役割を果たすギャラリーにも及ぶ。その影響をまともに受けながらも、2ヶ月の自粛休業を経て6月1日から再始動した〈ソルト アンド ペッパー〉。ヴァイナルアーカイヴのデザイナー、大北幸平氏の趣向を反映しつつ、俯瞰的な感覚のもと1つのジャンルや要素に捉われないセレクトが秀逸な同所にて、今回展示を行うのは、東京を拠点に活動する22歳の気鋭写真家、HAL。ハッキリと姿、形を表すわけではなく、いくつもの写真を重ねて一枚の絵のように見える作品は、20世紀の現代芸術を代表する1人、デイヴィッド・ホックニーによるパノラマコラージュを題材にした写真集から影響を受けているという。中学時代から没頭しているスケートボードや、2年半の渡米、仲間たちとの活動を経て研ぎ澄まされた、独自の感性で切り取った一瞬一瞬。一見同じ風景に見えるも、微かに異なる光の加減や影といった、随所に散りばめられたユーモア。その独創性に富んだクリエイションから、写真という形式を通じて伝える方法の限りない多様性を感じさせられる。こうしてアーティストをバックアップし新たな気づきと出会いを与えてくれる〈ソルト アンド ペッパー〉や、それに連なるここでしか味わえないクリエイターたちの作品は、これからも感性を刺激し、未知なる世界へと導いてくれるだろう。加えて、この状況下で先行きの見えない現状に屈することなく発信し続ける、アートと我々の架け橋となる場所を守るためにも、安全性に配慮しつつ意欲的に足を運び、思考を巡らせながら体感してみてはいかがだろうか。

Information

HAL “ロマンチックジャーニー”

過去から未来へ止まることなく時間は進みます。
次々と過ぎ去る景色、視界に入る処理しきれないほどの
情報量、風、空をもかけるほどの
あのスピード感が最高にロマンチック。
自分自身が溶けていく様をイメージしながら、
あるいはもう一つの世界にジャーニーしてくような。



地主晴(HAL)
1997年東京生まれ。
中学時代に仲間たちとスケートボードを始め没頭。
2016年からサンフランシスコへ渡り、
2年半の制作活動、2度の個展を経て帰国。
2019年に開催した個展 “PUT TOGETHER”で発表した
パノラマコラージュ作品を中心に自身の作品制作に
精力的に取り組んでいる。

Instagram : @harujinushi


2020年9月19日(土)~10月11日(日)
SALT AND PEPPER
東京都渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル3F
12:00〜20:00

HP : http://www.sandp.tokyo/
Instagam : @saltandpepper223

RECOMMEND