GRIND

FASHION, INTERVIEW, MONTHLY 2020.5.20

The way of Materials

VEILANCE

追求される機能性と結びつく
ファッションとしての価値

バンクーバーから世界有数のアウトドアブランドへと登りつめたアークテリクスをルーツにもつブランド、ヴェイランス。アークテリクス ヴェイランスとしてブランディングをしてきたが、ブランド誕生10年目となる2019年からヴェイランスとしてリブランディング。アウトドアブランドならではの素材に込められた思いと、機能性へのこだわり。そしてそこから見えてくるファッションとしての価値に迫るべく、デザインディレクターのTakanori Kasuga氏に話を聞いた。

Photo_ Takaki Iwata, Ryo Sato(item)

技術と素材が織りなす
“移動可能な建築”

カナダに広がる手つかずの大自然と、日々進歩する最先端技術のコントラストから生まれた、ヴェイランス。アークテリクスをルーツに持ち、機能性に優れたプロダクトの数々は、選び抜かれた最先端の素材と技術が組み込まれて形を成す。「まず、プロダクトに込める意思を明確にしてからデザインをはじめます。その上で、素材は一番最初に考えなければいけないもの。パートナーシップを結んでいる企業と、時間をかけてR&D(リサーチ&デベロップメント)を行い素材を決定します。試作を通して日常生活におけるパフォーマンスを自分たちでテストをして、より高い機能性を追求します」。実験的アプローチを繰り返し、地道に課題を解決していく堅実な姿勢が、高いパフォーマンス性を実現する。
そして、素材とともに重要な要素である「クライメイトコントロールシステム」と呼ばれる独自のアプローチによって、さまざまな天気や気温に対応可能なコレクションを打ち出す。「例えば、夏は『Hot&Humid』という気候に対して、蒸し暑さの中でもストレスなく過ごせるよう、レイヤードを取り入れます。さまざまな技術や素材を使って、いかなる環境においても人の体を快適に保ち続ける働きは、まさに”移動可能な建築”と言えますね」。建築家が木材や鉄などのマテリアルを組み合わせ、環境に適した建築を建てるのと同様に、天候や環境に左右されず、いかに心地よく過ごすことができるかを追求し、選択される素材。そしてそれを最大限に活用する技術が、プロダクトに落とし込まれることで、機能性を担保していく。

  • スライド

    BLAZER LT ¥55,000
    アークテリクスでも使用している水や風に強い機能素材を採用したクラシックなジャケット。軽量かつ通気性も良いという機能面がデザインと合わさり、程よいバランスを感じさせる仕上がりに。

  • スライド

    BLAZER LT ¥55,000
    裏地のすべての縫い目には、耐風性と着心地を向上させるシームテープが施されている。細部へのこだわりが、機能性を裏付けている。

  • スライド

    CONVEX LT PANT ¥41,800
    ジャケットに合わせてセットアップとして着用できるパンツ。ブラック、グレーとシーズンカラーである、ラベンダー調のスリッツストーンの計3色展開。色味によって異なる表情を見せてくれる。

CAMBRE PANT ¥39,600
人間工学に基づいた3Dエルゴノミックパターンを採用したジーンズ。ブランド初となるポリエステルミックスした日本製デニム素材は、デニム生地でありながらライトウェイトで、程よいフィット感と動きやすさを実現した。このアイテムに足を通すことで、より一層素材や技術に対する飽くなき探究心を感じることができるだろう。

ミニマルな美しさを生む
クリエイションの軸

素材と技術において、圧倒的なクオリティを有するヴェイランス。話は若干前後するが、アークテリクスでもデザインディレクターを務めたKasuga氏は、ヴェイランスの在り方についてこう話してくれた。「アークテリクスでは、アウトドアブランドとしてどのような過酷な状況でも生き抜けるような”機能性”を最重視してきましたが、その基盤はVEILANCEでも変わりません。他のブランドと差別化できる僕たちの強みと言えるでしょう。ただ、ヴェイランスでのアクティブとは、都市生活におけるものです。最高の機能を持ちながら、いかに人々の日常生活に適応させるスタイルに仕立てることができるか。それがヴェイランスを手掛ける面白さですね。東京を例に挙げると、自然相手に生死を争うような危険はなくとも、満員電車や人混み、屋内外での気温差など、都市には都市の厳しさがある。過度なスペックは必要ありませんが、時と場所によって、どんな環境でも人それぞれの用途で使い回しできるようなモノづくりをしています」。アクティブを都市生活におけるものと定義し、軸として大切にしてきた機能を追求する姿勢は、デザインとしての美しさにも結びつく。何かを目立たせるためでなく、本質をより際立たせるために配されるデザインもまたクリエイションにおける大きな特徴だろう。そしてアクティブウエア本来の目的とファッションアイテムとしての価値という2つの側面を垣根なく味わうことを可能にするプロダクトは、実際に袖を通すことでより一層魅力的に映るのではないだろうか。

FIELD LT JACKET ¥121,000
M65のシルエットにGORE-TEX素材を使用し、レイヤードシステムを落とし込んだ。ファッションアイテムとしても認知されているミリタリーの定番をモチーフに、ブランドならではの解釈を加え、表現している。

  • スライド

    素材や技術によって追求される機能性だけでなく、ミニマルなデザインや色調が、単なるアクティブウエア以上の魅力につながり、選択肢の幅を広げてくれる。

  • スライド

    素材や技術によって追求される機能性だけでなく、ミニマルなデザインや色調が、単なるアクティブウエア以上の魅力につながり、選択肢の幅を広げてくれる。

PROFILE

VEILANCE

問い合わせ:アークテリクス コールセンター


TEL_03-6631-0833

RECOMMEND